Blog

地区麻植物リーズバーグ

アサ(麻、英名Cannabis)は、学名カンナビス・サティバ (Cannabis sativa)といい、中央アジア原産とされるアサ科アサ属で大麻草(たいまそう)とも呼ばれる、一年生の草本である。雌雄異株。ことわざ、麻の中の蓬(よもぎ)が凡人を感化する善人に麻をたとえているように、高くまっすぐ生育する。人類が栽培してきた最も古い植物のひとつとして1万年を超えるつきあいがある。茎の皮の植物繊維は、麻繊維として麻紙や麻布、神道における具など様々に、実(種子)は食用や生薬の麻子仁(マシニン)  麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維 むしを蒸すと記しており、本来蒸すのは麻なので、さらに「からむし」を店名に含む高齢者を訪ねると、種を撒く・蒸すなど麻の特徴を語ったため、その地区では麻をからむしと呼んでいたとされる。 大麻と間違われやすい植物とし. て、葉の形が似ている洋麻(ケ. ナフ)がありますが、ケナフの. 葉は基部まで深く切れ込んでお. らず、オクラやトロロアオイの. ような黄色又は薄い黄色の大き. な美しい花を咲かせます。 大麻(アサ)小葉(裏) ケナフ小葉(裏). 一方、植物学でいうアサは大麻の原料になる植物で、同様に繊維は取れますが、麻薬の関係で許可無く栽培できないので、この 太布はコウゾだけでななく、アサ(大麻)やカラムシから作った布のことですが、木頭地区では古くからの伝統としてコウゾを使っ  麻は、古くから「大麻草」のことをいいましたが、広い意味では、大麻草に類似した繊維の取れる植物や繊維のことです。 麻、大麻、大麻草、ヘンプ、マリファナは、すべて植物学的に同じものを指しているが、それぞれの定義と一般的なイメージのギャップが 

大麻と間違われやすい植物とし. て、葉の形が似ている洋麻(ケ. ナフ)がありますが、ケナフの. 葉は基部まで深く切れ込んでお. らず、オクラやトロロアオイの. ような黄色又は薄い黄色の大き. な美しい花を咲かせます。 大麻(アサ)小葉(裏) ケナフ小葉(裏).

アサ(麻、英名Cannabis)は、学名カンナビス・サティバ (Cannabis sativa)といい、中央アジア原産とされるアサ科アサ属で大麻草(たいまそう)とも呼ばれる、一年生の草本である。雌雄異株。ことわざ、麻の中の蓬(よもぎ)が凡人を感化する善人に麻をたとえているように、高くまっすぐ生育する。人類が栽培してきた最も古い植物のひとつとして1万年を超えるつきあいがある。茎の皮の植物繊維は、麻繊維として麻紙や麻布、神道における具など様々に、実(種子)は食用や生薬の麻子仁(マシニン)  麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維 むしを蒸すと記しており、本来蒸すのは麻なので、さらに「からむし」を店名に含む高齢者を訪ねると、種を撒く・蒸すなど麻の特徴を語ったため、その地区では麻をからむしと呼んでいたとされる。 大麻と間違われやすい植物とし. て、葉の形が似ている洋麻(ケ. ナフ)がありますが、ケナフの. 葉は基部まで深く切れ込んでお. らず、オクラやトロロアオイの. ような黄色又は薄い黄色の大き. な美しい花を咲かせます。 大麻(アサ)小葉(裏) ケナフ小葉(裏). 一方、植物学でいうアサは大麻の原料になる植物で、同様に繊維は取れますが、麻薬の関係で許可無く栽培できないので、この 太布はコウゾだけでななく、アサ(大麻)やカラムシから作った布のことですが、木頭地区では古くからの伝統としてコウゾを使っ 

一方、植物学でいうアサは大麻の原料になる植物で、同様に繊維は取れますが、麻薬の関係で許可無く栽培できないので、この 太布はコウゾだけでななく、アサ(大麻)やカラムシから作った布のことですが、木頭地区では古くからの伝統としてコウゾを使っ 

アサ(麻、英名Cannabis)は、学名カンナビス・サティバ (Cannabis sativa)といい、中央アジア原産とされるアサ科アサ属で大麻草(たいまそう)とも呼ばれる、一年生の草本である。雌雄異株。ことわざ、麻の中の蓬(よもぎ)が凡人を感化する善人に麻をたとえているように、高くまっすぐ生育する。人類が栽培してきた最も古い植物のひとつとして1万年を超えるつきあいがある。茎の皮の植物繊維は、麻繊維として麻紙や麻布、神道における具など様々に、実(種子)は食用や生薬の麻子仁(マシニン)  麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維 むしを蒸すと記しており、本来蒸すのは麻なので、さらに「からむし」を店名に含む高齢者を訪ねると、種を撒く・蒸すなど麻の特徴を語ったため、その地区では麻をからむしと呼んでいたとされる。 大麻と間違われやすい植物とし. て、葉の形が似ている洋麻(ケ. ナフ)がありますが、ケナフの. 葉は基部まで深く切れ込んでお. らず、オクラやトロロアオイの. ような黄色又は薄い黄色の大き. な美しい花を咲かせます。 大麻(アサ)小葉(裏) ケナフ小葉(裏). 一方、植物学でいうアサは大麻の原料になる植物で、同様に繊維は取れますが、麻薬の関係で許可無く栽培できないので、この 太布はコウゾだけでななく、アサ(大麻)やカラムシから作った布のことですが、木頭地区では古くからの伝統としてコウゾを使っ  麻は、古くから「大麻草」のことをいいましたが、広い意味では、大麻草に類似した繊維の取れる植物や繊維のことです。 麻、大麻、大麻草、ヘンプ、マリファナは、すべて植物学的に同じものを指しているが、それぞれの定義と一般的なイメージのギャップが 

麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維 むしを蒸すと記しており、本来蒸すのは麻なので、さらに「からむし」を店名に含む高齢者を訪ねると、種を撒く・蒸すなど麻の特徴を語ったため、その地区では麻をからむしと呼んでいたとされる。

麻は、古くから「大麻草」のことをいいましたが、広い意味では、大麻草に類似した繊維の取れる植物や繊維のことです。 麻、大麻、大麻草、ヘンプ、マリファナは、すべて植物学的に同じものを指しているが、それぞれの定義と一般的なイメージのギャップが